19年ぶりに発見された失踪者、蒸発理由は「愛人との駆け落ち」

社会週刊新潮 2016年7月21日参院選増大号掲載

 何しろ、北朝鮮による拉致が疑われ、19年間に亘って消息を絶っていた男性が“発見”されたワケである。無事を祈り続けた家族の喜びもひとしおのはずだが、そのウラで、奇跡の生還を果たした宮内和也さん(51)は、ある複雑な事情を抱えていた。蒸発の理由が、拉致どころか、愛人との駆け落ちだったのだ。

 ***

 97年4月に福井県内で行方不明となった宮内さんは、北朝鮮に拉致された可能性を排除できない“特定失踪者”の1人だった。

 事態が急変したのは先月16日のことだ。

...

記事全文を読む