「スイカレース」で意識不明も “猛暑の可能性大”な今夏の熱中症対策

食・暮らし週刊新潮 2016年7月7日号掲載

 今年の夏は、観測史上最も暑かった2010年と海や大気の状態が似ているとかで、猛暑の可能性大。ならば、つい先日もこんな事態が起きたのだから、熱中症に気を付けねば……。

 千葉県富里市で、6月26日に行われた「スイカロードレース大会」は、名産品のスイカを食べながら走るという、これまで33回続くイベントである。

 全国紙記者の話。

「レースは朝8時45分にスタートし、3キロ、5キロ、10キロの各コースで正午ごろまで行われました。参加者は小学生から85歳まで約1万2000人。

...

記事全文を読む