デイリー新潮

芸能

動脈硬化で手術の関根勤 “酒もタバコもやらない”はずが…

現在発売中

週刊新潮 2017年6月1日号 
2017/5/25発売

ネット書店で購入する

 サイレントキラー。動脈硬化はそう表現される通り、自覚症状がなく、ある日突然、心筋梗塞などの重大な病を引き起こす。その一歩手前まで来ていたのがタレントの関根勤(62)だが、驚かされるのは、彼が普段、酒もタバコもやらない健康生活を送っていた点。何が彼の動脈硬化を招いたのか。

 ***

 関根の動脈硬化は、TBS系の情報番組「サタデープラス」の企画で受けた「心臓ドック」で発見された。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年6月9日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事