ポンド暴落でバーバリー、スコッチは値下げする? 英国EU離脱20の疑問(5)

国際週刊新潮 2016年7月7日号掲載

 予想外の“結果”に顔色を失ったのは、市場関係者も同じだった。“離脱決定”後の東京市場では一時、3年半ぶりのポンド安・円高水準に突入している。

 もちろん、ポンド暴落の恩恵を期待して、舌なめずりする向きもあるだろうが、残念ながら、そうは問屋が卸さないようだ。

 ファッション評論家の堀江瑠璃子氏によれば、

「どのブランドも今年の秋冬物は発注済みで、ポンド安になる前にコストも価格も固定されているため、シーズン途中で値段を変えることは難しい。値下げするとしても、来年の秋以降になると思います」

...

記事全文を読む