英首相の友でも“離脱派”ロンドン前市長って何者? 英国EU離脱20の疑問(2)

国際週刊新潮 2016年7月7日号掲載

「とにかく締め付け過ぎる。その一方で別の部分が危険なほどユルユルだ!」

 ボサボサの金髪にずんぐり体型。EUをパンツにたとえて聴衆の笑いを取ることも朝飯前である。国民投票で「EU離脱派」に回り、キャメロン首相を打ち負かしたボリス・ジョンソン前ロンドン市長(52)はキャメロン氏と旧知の仲である。

「ジョンソン氏は名門・イートン校からオックスフォード大学卒業と、典型的なエリートです。キャメロン氏より2歳年上ですが、イートン時代に知り合い、大学も同じ。しかし、その後の人生は対照的です。

...

記事全文を読む