共産党が比例区に42人を擁立 供託金2億5000万円超え

政治週刊新潮 2016年7月7日号掲載

 いかな算段あってのことか。日本共産党は7月10日投開票の参院選で、比例区に42人を擁立した。過去最高の数である。

 野党担当記者の話。

「いくら票を伸ばしているとはいえ、前回の参院選の17人を思えば、今回は倍以上ですからね。自民党ですら25人です。しかも、党にそんなにカネの余裕があるとは思えない。不思議です」

 よく知られるように、共産党は国からの政党助成金を受け取っておらず、収入源の要は党機関紙「赤旗」。しかし、この頼みの綱もピーク時の355万部(1980年)から、124万部(2014年)と激減。

...

記事全文を読む