“いま外貨預金をやるのは100%ダメ”経済評論家・山崎元氏が指摘 アベノミクス下の投資法は通用しない

食・暮らし週刊新潮 2016年6月2日号掲載

 その日の株が上がるのか下がるのか。プロはだしの投資家が目安にしている「指標」をご存じだろうか。

〈外資系証券寄り付き前注文動向〉

 インターネットで検索すれば無料のホームページで見ることが出来る。指標は株式市場が開く前(午前9時前)に、外資系証券からどれだけの注文が来ているか一目で分かるようになっている。買い注文が売り注文より多ければ、その日の株価は上がりやすく、逆なら下がりやすいと言われている。なかでもデイ・トレーダーは、この指標を見て一日の投資プランを立てる。

...

記事全文を読む