大戸屋でお家騒動勃発 役員人事をめぐって、創業者一家VS外様

社会週刊新潮 2016年6月2日号掲載

 またしても“お家騒動”である。記憶に新しいのは、高級家具店に巨大流通グループと言ったところだが、今度は街の定食屋。1958年に東京・池袋で創業し、今や全国に342店だけでなく、海外にも大戸屋を展開する大戸屋ホールディングスの創業一族が、株主総会を前に、経営陣に噛み付いたのだ。

 全国紙経済部記者の話。

「5月18日、大戸屋ホールディングスが、6月の株主総会に諮る新役員体制案を発表しました。すると、翌日、東京証券取引所御中と書かれた一枚の声明文が届いたのです」

...

記事全文を読む