日立相談役を退任する川村隆氏の潔さ ハイジャックの経験から

企業・業界週刊新潮 2016年5月26日号掲載

 目下、電機業界で三菱電機と並び“勝ち組”と評される日立製作所。2016年3月期連結決算では売上高約10兆343億円、営業利益6348億円を確保して、“V字回復”が本物であることを証明した。その立役者の川村隆氏(76)が、6月22日付けで相談役を退任する。

 川村氏は日立で社長、会長を務めた大物だが、社長に就任した09年、日立は過去最悪の最終赤字7873億円を抱えて倒産の危機に直面していた。経済誌の電機担当記者によれば、

「東大工学部卒の川村さんは、社長レースから脱落して03年に子会社へ飛ばされていたのです。

...

記事全文を読む