オバマ大統領の広島訪問になぜか同行「死の行進」元兵士 監視役だった?

政治週刊新潮 2016年6月2日号掲載

 誤解を恐れずに言えば、“招かれざる客”と思った人もいるかもしれない。オバマ米大統領の広島訪問に、なぜか「バターン死の行進」で生き残った元兵士が同行したのだ。何だか、アメリカ側の意図が透けて見え、嫌な感じである。

 ***

「オバマが広島を訪問したら内閣支持率は確実に上がる。そうなれば、安倍総理は解散したくなるはずだ」

 衆参ダブル選の見送り決定前にある閣僚がこう呟いていたように、オバマの広島訪問が最後に総理の背中を押すとの見方は少なくなかった。が、

...

記事全文を読む