デイリー新潮

国際

2000年に「トランプ大統領」を予言していたアメリカの「天才集団」

 伊勢志摩サミットにやって来て、そのあと広島で「歴史的訪問」を果たしたオバマ大統領。残りわずかの任期に、もっぱら“レガシー”作りに余念がないといったところだが、「そんなのどうでもいいよ~」というのがアメリカ本土の偽らざる本音。もちろん話題の中心は不動産王ドナルド・トランプ氏である。ワシントン特派員が言う。

...

記事全文を読む

  • 2016年5月30日 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事