2000年に「トランプ大統領」を予言していたアメリカの「天才集団」

国際 2016年5月30日掲載

 伊勢志摩サミットにやって来て、そのあと広島で「歴史的訪問」を果たしたオバマ大統領。残りわずかの任期に、もっぱら“レガシー”作りに余念がないといったところだが、「そんなのどうでもいいよ~」というのがアメリカ本土の偽らざる本音。もちろん話題の中心は不動産王ドナルド・トランプ氏である。ワシントン特派員が言う。

「共和党の指名を確実にしたトランプですが、本人もここまで来るとは思っていなかったのでしょう。7月の党大会での正式指名にむけて、最高裁判事の人事案や貿易政策など、次々に具体的な提示をし始めた。

...

記事全文を読む