オバマ大統領の広島訪問 米国が正当化する“日本降伏のためには原爆投下しかなかった”は本当か

社会週刊新潮 2016年5月26日号掲載

 2009年に就任し、ノーベル平和賞も受賞したオバマ米大統領(54)は、広島訪問についても検討し続けてきたという。5月27日に行われる訪問を前に、広島と長崎で計21万人以上を焼き尽くした「原爆投下」が何だったのか、ということをしっかり定義しておく必要があるだろう。

「日本を降伏させるには、原爆投下という唯一の選択肢しかなかった。これがアメリカのレトリックです」

 と述べるのは、早稲田大学社会科学部の有馬哲夫教授(メディア研究)である。

「原爆投下がなければ、アメリカは本土上陸を実行しなければならなかった。

...

記事全文を読む