芸能人は死んだとたんに「大物」になる 冠番組終了「永六輔」さんの知られざる金言

芸能 2016年5月17日掲載

 長年、TBSラジオでメイン・パーソナリティを務めていた永六輔さんの冠番組『六輔七転八倒九十分』が、6月一杯で終了することが発表された。体調の不良から長期休養していたことを考えれば仕方のないことだろうが、惜しむ声も強い。

 永さんがTBSラジオで『永六輔の誰かとどこかで』を始めたのは1967年。この番組は何と46年間も続いていた。

 さすがにそこまでの長寿番組ではないが、高田文夫さんの『ラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)も歴史は長い。こちらは1989年開始なので、すでに四半世紀を超えている。

...

記事全文を読む