山尾志桜里政調会長だけじゃない高額ガソリン代 菅長官も「地球5周分」?

政治週刊新潮 2016年4月14日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 地球5周分の走行距離に相当する額のガソリン代を政治資金収支報告書に記載していたのは民進党・山尾志桜里(しおり)政調会長(41)だが、現閣僚たちのガソリン代についても「週刊新潮」4月7日発売号が言及している。

 ***

 山尾代議士が長を務める「民主党愛知県第7区総支部」の2012年の報告書に記載されていたのは、「230万円」ものガソリン代。その大半はガソリンプリカ(プリペイド・カード)購入の形で処理されていた。

 一方で、同年の自民党・菅義偉官房長官(67)のガソリン代記載額もほぼ同額(223万円)だったことから、菅長官にも疑問符が付けられている。こちらはプリカではなく実費での購入だが、菅長官の選挙区である神奈川2区は40平方キロメートル弱と狭く、一見すると、地球5周分もの量を消費するのはいささか困難に思える。

民進党・山尾志桜里政調会長、自民党・菅義偉官房長官

 山尾代議士の報道を受けた菅長官は“そんな額のガソリン代なんてあり得ないよなぁ”と漏らしていたというが、

「“自分は地元をしっかり回っている。その結果が地球5周分なんだ”という意味合いで、強気なんですよ」(永田町関係者)

 菅長官の元秘書が神奈川県の県議や市議となっているため、「県全体が菅さんの選挙区みたいなもの」(政治部デスク)との事情があるという。

 本誌では、地球12周分に匹敵する安倍首相のガソリン代についても注目。その他、「ガソリンプリカ」で230万円もの額を購入した山尾代議士の“手口”について前号に続き追及し、プリカ購入先である愛知県内のガソリンスタンドにも取材を行った。