狩猟免許試験は「この絵のまま出ます」試験問題が手に入る講習会〈田舎暮らし3年で「罠猟師」への道!(3)〉

食・暮らし週刊新潮 2016年3月10日号掲載

 田舎暮らしを続けるノンフィクションライター・清泉亮氏は、「罠猟師」の資格取得のための事前講習会に臨んだ。そこで出会ったハンターガール氏から“おすそ分け”の重要性を学び、「狩猟のマナー」講義でも同様のことを聞かされた。つづく講義は……。

 ***

 事前講習会の最大のメリットを悟らせる機会は、午前中最後の講義「鳥獣判別」で訪れた。

 猟友会の老講師がハイッハイッとの掛け声とともに、紙芝居大にカラーで印刷された鳥や獣の絵を見せ、それが狩猟が許可されているものかどうかを解説している最中、やはり後方から大きな声が上がった。

...

記事全文を読む