リオ内定で競歩「高橋英輝」のアイドル隠し

スポーツ週刊新潮 2016年3月3日号掲載

 リオ五輪代表選考会を兼ねた競歩日本選手権が神戸で開催され、男子20キロで昨年に続き連覇した高橋英輝(えいき)(23)が代表に内定した。

 陸上競技で日本人がメダルを獲れそうなのは、かつてはマラソンとハンマー投げの室伏広治くらいだったが、実は最近、競歩がその最右翼にのし上がってきた。

 というのも昨年、20キロで鈴木雄介(28)が1時間16分36秒の世界新記録を樹立。世界陸上でも、50キロで谷井孝行(33)が日本勢唯一のメダルを獲得した。

 残念ながら、鈴木は負傷によりリオ五輪出場を断念したが、高橋も昨年のこの大会で鈴木に勝っていることからわかるように、十分にメダルを期待できる位置にいる。

...

記事全文を読む