「炭水化物漬け」がリオの切符をもたらす「福士加代子」

スポーツ週刊新潮 2016年2月11日号掲載

 地球の裏側で「ロードの女王」に化けられるか――。1月31日の大阪国際女子マラソンを制した福士加代子(33)が、リオ五輪代表の座をほぼ確実にした。過去のレースでたびたび露わになっていたスタミナ不足は、何と「ドカ食い」で克服したのだという。

 ***

 福士はレース中盤から独走状態となり、2時間22分17秒という、日本歴代7位の好タイムでゴール。派遣設定記録である2時間22分30秒を上回り、自力で五輪切符を手元に引き寄せた。

「3000メートル、5000メートルの日本記録を持ち、『トラックの女王』と称される彼女は、マラソンでは“いばらの道”を歩んできました」

...

記事全文を読む