「沖雅也」が涅槃で待った「日景忠男」晩年の煩悩

芸能週刊新潮 2016年3月3日号掲載

「涅槃(ねはん)」とは安楽の世界を意味する仏教用語である。この言葉を聞くと、今も自殺した俳優の沖雅也(享年31)を思い出す。当時、彼の事務所社長、日景忠男氏との“ただならぬ関係”が話題を呼び、日景氏も脚光を浴びた。もっとも、8年前に覚せい剤取締法違反で逮捕。その行方は杳として知れなかったが、実は、1年程前に亡くなっていたのだ。

 ***

〈おやじ、涅槃で待つ〉

 沖が日景氏に宛てた遺書にこう書き残して、ホテルの最上階から飛び降りたのは1983年6月である。

...

記事全文を読む