「父親が2人いるペンギンの紙芝居」で小学生に説く「同性愛」 日教組の亡国教育はどこまでゆくのか

社会週刊新潮 2016年2月18日号掲載

 2月5日から3日間に亘って開催された、日教組による第65次教育研究全国集会(教研)は、開催が被災県の岩手ということもあり、原発に関する報告も多かった。が、その内容は非科学的な思いこみを子供たちに強要するに等しい内容。例えば「平和教育」の分科会で北海道北広島市の小学校の男子教諭が発表した主題は〈反原発を目指した平和教育〉。政治的中立など最初から放棄しているのである。

 反原発への偏りは、「理科教育」の分科会でも見られた。福島県伊達市の中学校の男性教諭は「放射線教育の実状」を報告したが、

...

記事全文を読む