【川崎中1殺人・実名掲載】上村君の母が公判で訴えた“19歳の犯人が、なぜ少年とされるのか”

社会週刊新潮 2016年2月18日号掲載

 2月2日から4日にかけて、「川崎中1殺人事件」の主犯少年に対する公判が行われた。

 主犯の舟橋龍一(19)の公判で改めて明らかになったのは、無軌道で残忍な暴力、そして“カミソン”の愛称で親しまれた上村遼太君(当時13歳)の、あまりに無惨な最期である。

 事件が起こったのは昨年2月20日未明だ。現場となった川崎市の多摩川河川敷にいたのは、舟橋の他、当時17歳のBとC、それから被害者の上村君。後に舟橋は殺人罪で、BとCは傷害致死罪で起訴された。

 河川敷に着くと、舟橋は上村君の携帯電話を川に投げ込み、彼に馬乗りになった。

...

記事全文を読む