世界一幸福な「デンマーク」が難民財産を没収するワケ

国際週刊新潮 2016年2月11日号掲載

 悪魔の鏡の欠片(かけら)がささり、性格が一変した少年は雪の女王に魅入られる――というのがアンデルセンの名作童話だが、この作家の故国の豹変が物議を醸している。

「1月26日、デンマーク議会は難民申請者から財産を没収できるとする法案を可決したのです。1万クローネ(約17万円)を超える現金や所持品を入国時に警察が押収できます」(国際部記者)

 銀行口座や生活必需品、思い出の品は例外となるが、パソコンや貴金属は没収対象、難民の食費や滞在費用に充当されるという。

...

記事全文を読む