ファミレスも参戦「売電自由化」早くも戦国模様

企業・業界週刊新潮 2016年1月14日迎春増大号掲載

 新年早々、大人たちにも嬉しい“お年玉”となるか。

 4月から始まる家庭向け電力の小売り自由化を前に、今月から消費者が電力会社を自由に選び、契約の予約ができるようになった。料金競争が起きて家計への負担が減る可能性がでてきたのだ。

「東京ガスは、電気とガスとインターネットを同時に申し込むと、年間最大1万7000円安くなるトリプル割を展開中です」(経済部記者)

 都市ガス以外にも、小売電気事業者(新電力)として経産省に認可されたのは119社。石油元売り最大手のJXホールディングスがガソリンとセット購入で安くなるサービスを打ち出したのを始め、大手総合商社の三井物産や伊藤忠、東急電鉄の子会社、生協など異業種が次々と参戦を表明している。

...

記事全文を読む