まさかの「トランプ大統領」誕生 日本列島が蒼ざめる「最悪シナリオ」2016(1)

国際週刊新潮 2015年12月31日・2016年1月7日新年特大号掲載

 アメリカという国は懐が深い。ヘイトスピーチをしても大統領になれるのだから――と妙に感心したくなるほど、ドナルド・トランプ氏の勢いは止まらない。支持率は40%前後。共和党候補のトップを独走している。

 メキシコ移民を「強姦魔」、シリア難民を「凶暴な犬」と言う人物が大統領、なんて「まさか」が現実になりつつあるが、警戒しなければいけないのは、これらの民だけではない。

「日本と違って、欧米の民主主義には“公約は実現しなければならない”という考えがあります」

...

記事全文を読む