蛭子さんが語る「親友はいらない」そのワケとは

エンタメ新潮45 2015年12月号掲載

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京系列)でみせる奔放なキャラクターで大人気となった漫画家の蛭子能収さん。このところ『ひとりぼっちを笑うな』『蛭子能収のゆるゆる人生相談』『蛭子の論語』と本業の漫画ではなく活字本で大ヒットを連発している。その蛭子さんがついにオピニオン誌にまで進出だ。「新潮45 12月号」(11月18日発売)にて「そんなにいつも繋がっててどうするの」と題し、24時間スマホを抱え、SNSやLINEで繋がる風潮を、蛭子流の毒舌でたしなめている。

...

記事全文を読む