“爆買い”批判が止まらない「中国官製メディア」

中国週刊新潮 2015年4月23日号掲載

 炊飯器、セラミック包丁、ウォシュレット付便座――。日本の家庭にごくありふれた品々が、中国人観光客には大人気なんだとか。

「昨年、訪日した中国人観光客は約240万人。観光庁の統計によれば、国内での消費額は前年比2倍超の5583億円で、1人あたりに換算すると約23万円にもなります」(社会部記者)

 2月の春節、4月の花見の時期も、都心の家電量販店や免税店に大挙して押し寄せた。“爆買い”と呼ぶ現象は止まるところを知らない。

 これに気色ばんだのが、中国の官製メディアだ。

...

記事全文を読む