児童文学のノーベル賞! 国際アンデルセン賞に輝いた上橋菜穂子さん

文芸・マンガ

『精霊の守り人』『獣の奏者』など数々のファンタジー作品で知られる作家の上橋菜穂子さん(51)が24日、国際アンデルセン賞の作家賞に選ばれました。これは、「児童文学のノーベル賞」と言われる権威ある賞です。児童文学に長年貢献してきた作家に贈られるもので、作家賞と画家賞があります。作家賞受賞は、日本人としては1994年のまど・みちおさん以来20年ぶり二人目となります。

 文化人類学者としても活躍する上橋さんは、多様な価値観、文化を持った人々が葛藤しながら生きる姿を描き、その普遍性のあるテーマが国際的に評価され、今回の受賞に至りました。

...

記事全文を読む