「余生を振り返る」って何かヘン? 校閲のプロが語る怪しい日本語の数々

文芸・マンガ

「校閲」という仕事をご存知ですか?
 出版社のなかで出版される前の文章をひたすら読み、原稿のなかの誤字脱字、表現の誤り、事実の確認などを行い、原稿の完成度を高め磨きをかける。それが校閲の仕事です。
 検閲や粗探しをしているわけではなく、筆者の持つ「きらめき」を殺さずに、思わぬ所でつまずいて信用を落としたりすることが無いようにサポートし世に送り出す。
 良いものを、世の人が素直に「良いね」と言ってくれるように願って点検をし、磨きをかけるのが役目というわけです。

...

記事全文を読む