野菜の「食べ時」はいつなのか? 見た目と鮮度は比例しない

社会

 旬の野菜が美味しいというのは誰にでもわかることだろう。そしてもちろん鮮度のいいもののほうが基本的には美味しいはずだ。

 しかし、実際に買う際にそれを見分けるのは難しい。『キレイゴトぬきの農業論』(新潮新書)の著書がある有機農家の久松達央氏によれば、「見た目がパキパキしているから鮮度がいいとは限らない」という。

 近年、コールドチェーンという冷蔵輸送技術が発達したことで、流通中の変質が抑えられるようになっている。そのため、見た目は新鮮そのものでも、収穫は数日前、という葉物野菜も珍しくないのだ。

...

記事全文を読む