『タモリ論』著者が選んだ「いいとも」名場面

エンタメ

「笑っていいとも!」が来年3月に終了することが発表され、大きなニュースとなっている。この話題で、各メディアからコメントを求められていたのが、『タモリ論』の著者である作家の樋口毅宏氏だ。

 今年7月に発売されるや13万部を超えるベストセラーになった『タモリ論』は、著者のタモリさんへのラブレターといった趣の内容になっており、頁数のかなりが「いいとも」論に割かれている。中でも、「わが追憶の『笑っていいとも!』」と題された第2章では、私的名シーンの数々を再現。今読むと一層味わい深い内容だ。

...

記事全文を読む