コンビニおでんの大根のヒミツ

社会

 コンビニがおでん商戦に本格的に力を入れる季節がやってきました。店に入ったとたんに、ダシの強い匂いがしてくることもあります。

 そのコンビニおでんの定番のタネのひとつが「大根」。数少ない野菜系のタネだし、カロリーも低そうだし、ということで買う人も多いことでしょう。セブン-イレブンは年間で5500万個も大根おでんを販売しているそうです。そのためには何と1200万本もの大根が使われています。

 しかしあのコンビニおでんの大根、よく考えると不思議なところがあります。

...

記事全文を読む