天才少女歌手が挫折を経て「涙そうそう」へ…「歌に救われて自分がいる」25周年を迎えた夏川りみが向かう先

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

「この曲がなければ今の私はいない」――。歌手・夏川りみ(50)は自身の代表曲といえる「涙そうそう」について、こう力を込めて語る。幼い頃から歌に親しみ、デビューを勝ち取りながらも、一度は故郷へ帰る選択をした挫折の経験も持つが、今、自身の中には「歌い続ける」という選択肢以外、ないという。...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。