「志村けんさんは1千万円単位を渡していた」 松本人志の性加害報道、かつてのスターとの違いとは

エンタメ

  • ブックマーク

Advertisement

「芸者や水商売の女性と遊ぶのを美学としていた」

 決着までは数年かかるとみられている松本人志と文春の対決。性加害ではなく、不倫であるだけでも芸能生命を危機に陥らせかねないというのはこの数年の「常識」となっているが、かつてのスターたちとの一番の違いとは――。

 ***

 芸能人の女性スキャンダルが報じられると、糾弾されるよりは「女遊びは芸の肥やし」などと許容される時代がかつてあった。ジャニーズにおける一連の「性加害」が社会問題化した令和の世にあっては、牧歌的な言い分としか受け取らない人が大半だろう。

 そもそも「女遊び」という概念自体が時代錯誤も甚だしいと言われればそれまでなのだが、昔の“遊び”は前提が異なったという指摘もある。

「昔から『芸の肥やし』なんて遊び方が許されていた背景には、たとえファンであっても素人には手を出さない暗黙のルールがありましたね」

 と解説するのは、作家で演芸評論家の吉川潮氏。

「女遊びが好きでよくモテた藤山寛美や勝新太郎は、玄人さん、芸者や水商売の女性と遊ぶのを美学としていましたが、それは彼女たちが己の分をわきまえていて手切れ金さえ弾めば口外しないから。そうしたお金をケチって暴露された総理大臣もいたけど、昔の芸人はキレイに払っていたもんですよ」

上の世代の「キレイな遊び方」

 過去に不倫報道で一時表舞台から去った「アンジャッシュ」の渡部建(51)も、六本木ヒルズの多目的トイレで女性とコトに及んだあと、1万円だけ手渡した一件が話題を集めた。

 芸能リポーターの城下尊之氏が指摘するには、

「上の世代のキレイな遊び方を知らないまま人気者になるから、トラブルが起きるのでしょう。私も勝さんに銀座の高級クラブに連れて行ってもらいましたが、連れの客が女の子の嫌がる下品な話をしていたら、さりげなく別の話題に変えて助けたり、酒の弱い私に“無理せず自分のペースで飲んで”とささやいてくれたりして、ホステスさんたちからも好かれていました」

次ページ:「“何百万か渡すんですか”と聞くと…」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]