「コスパ日本一」に輝いた意外な“関東の農業県”とは? カリスマ農家が明かす「常に二番手の産地」が勝てた理由

ビジネス

  • ブックマーク

 農業のコストパフォーマンスに最も優れた県――。こう言われて思い浮かぶのは、北の大地・北海道や、東西の需要を広く取り込む愛知県などではないだろうか。意外かもしれないが、答えは、群馬県。キャベツやコンニャクイモで生産量日本一、キュウリや梅、ホウレンソウで2位を誇る割に、「農業県」の印象は薄い。群馬の農業はなぜ日本一効率がいいのか。同県昭和村を拠点に年商50億円のグループを築き、「カリスマ農家」の異名をとる澤浦彰治さんに、その理由を聞いた。【山口亮子/ジャーナリスト】...

記事全文を読む

Advertisement