立浪中日が主砲「中田翔」をついに獲得! 野手の「7割強」に及ぶ“血の入れ替え”で低迷期脱出へ

スポーツ 野球

  • ブックマーク

Advertisement

「師」譲りのドラスティックなチーム変革

 また、立浪監督が同席しての入団会見に臨んだ中田は、巨人との3年契約の1年目で、自ら契約放棄する「オプトアプト」を選択した理由に「まだまだできると思っているからこそ、今回こういう決断をした」と言葉に力を込め、「日本ハム時代から打点にはこだわってきた。そこは継続して、打点というものと向き合いながら打席に立ちたい」と力説。その“ミッション”を、2人は十分に自覚している。

 立浪監督は現役での22年間で、ルーキーイヤーを含め星野仙一監督のもとで10年間プレーしている。星野監督時代も1986年オフ、ロッテから落合博満を獲得するため、当時のリリーフエースだった牛島和彦を含む4選手とのトレードを断行。ナゴヤ球場からナゴヤドーム(当時)に本拠地が移り、その広さに対応するチーム作りのために、1997年オフに主砲・大豊泰昭、捕手・矢野輝弘(矢野燿大)を交換要員として、阪神・関川浩一、久慈照嘉という、足と守備力に定評のあった2人を獲得し、1999年の“ドーム初V”へとつなげている。阪神監督時代にも、4位で終えた就任1年目の2002年オフ、自由契約、引退、トレードなどで24人の選手を入れ替えると、翌2003年にリーグ優勝を果たしている。

 その「師」譲りともいえるドラスティックなチーム変革。その象徴が、今回の中田獲得に表れているといえそうだ。背番号も落合博満、井端弘和、直近の前任者は大阪桐蔭高の先輩・平田良介がつけた「6」に決定。日本ハム時代に背負った、その原点ともいえる番号に「最終的には『中日の6番は中田』と言ってもらえるように、一生懸命頑張りたい」。

 そう意気込む待望の和製大砲を迎えた2024年、戦力が充実しつつある立浪中日が、要注目の存在になってきたようだ。

喜瀬雅則(きせ・まさのり)
1967年、神戸市生まれ。スポーツライター。関西学院大卒。サンケイスポーツ~産経新聞で野球担当として阪神、近鉄、オリックス、中日、ソフトバンク、アマ野球の各担当を歴任。産経夕刊連載「独立リーグの現状 その明暗を探る」で2011年度ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。産経新聞社退社後の2017年8月からは、業務委託契約を結ぶ西日本新聞社を中心にプロ野球界の取材を続けている。著書に「牛を飼う球団」(小学館)、「不登校からメジャーへ」(光文社新書)、「ホークス3軍はなぜ成功したのか」(光文社新書)、「稼ぐ!プロ野球」(PHPビジネス新書)、「オリックスはなぜ優勝できたのか 苦闘と変革の25年」(光文社新書)、「阪神タイガースはなんで優勝でけへんのや?」(光文社新書)

デイリー新潮編集部

前へ 1 2 3 次へ

[3/3ページ]

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。