サントリー新浪社長、ローソン時代に「謎の不動産取引」をしていた ハワイの億超えコンドミニアムを複数購入【写真あり】

国内 社会

  • ブックマーク

Advertisement

 サントリーの新浪剛史社長(64)は財界リーダーにふさわしいのか。4度の結婚、凄絶なパワハラ……本誌(「週刊新潮」)は“書かれざる履歴書”をひもといてきたが、そこに新たなページが。社長時代、ローソン名義でハワイの高級コンドミニアムのペントハウスを複数購入していて――。

 ***

 抜けるような青空とたなびく雲が視界いっぱいに広がっている。眼下には、木々の緑、砂浜の白、海のエメラルドグリーンのコントラストが鮮やかなオーシャンビュー。ハワイ語で大型のバルコニーやベランダのことをラナイという。陽光ふりそそぐそのラナイからの眺望がとりわけ開放感抜群なのは、そこがペントハウスだからだ。

 ハワイ・ワイキキの西側、アラワイ運河沿いにある高級コンドミニアム「ザ・ウォーターマーク」最上階の3804号室。ラナイとつながるリビングルームには8人がけのダイニングテーブルが設えられ、その奥のキッチン・カウンターは御影石、キャビネットはマホガニー製だ。2ベッドルーム、2バスルーム。全ての部屋からオーシャンビューが望める。ハワイ最大のショッピングセンター「アラモアナセンター」まで徒歩10分で、コンドミニアム内には、プールやサウナ、エクササイズルームなどの共用施設が充実している。

約2億円の高級物件

 2011年、およそ庶民とは無縁のこの高級物件を購入したのは、日本の「ローソン」である。当時の社長は新浪剛史氏だ。購入価格は255万ドル。当時のレートで計算すると、約2億円となる。

 ローソン元幹部によると、

「ローソンがハワイのコンドミニアムを購入したという事実を知っているのは社内でも一部のみ。それがペントハウスであることや、物件の場所や名前まで把握している人は新浪さんとその側近くらいです」

 しかも、新浪氏が社長を務めていた時期にローソンがハワイで購入した物件は、このウォーターマークだけではない。

 07年には、ワイキキビーチの真正面にある高級コンドミニアム「アストン ワイキキ ビーチ タワー」の3304号室、08年には同コンドミニアムの3804号室(定期借地権)、10年には同コンドミニアムのペントハウスである4002号室を購入している。

次ページ:約1億5千万円の物件も新たに購入

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。