ジャニーズ会見で「望月衣塑子記者の暴走」にヤクザまがいの怒声をあげていた“謎の男”は「産経新聞記者」だった

国内 社会

  • ブックマーク

Advertisement

 ジャニーズ会見の騒ぎが収まる気配がない。当初、批判を浴びたのは司会から指名されていないのに不規則発言を連発した東京新聞の望月衣塑子記者だった。だが、「NGリスト」の発覚を境に、「八百長だ!」と風向きはジャニーズ側へ。しまいに、会場にいた「挙手せず怒声をあげてた不審な男性」が「ジャニーズ側から雇われたコワモテ」との憶測まで飛び交い……。だが、不審な男はサクラでも総会屋でもなかった。かねてから望月記者を批判的に取り上げていた新聞社の記者だった。

 ***

夜討ち朝駆けしてくればいい

「いったい何の騒ぎが起きているんだって気持ちです。もう少し冷静に考えるべきです」と語るのは、10月2日に開かれたジャニーズ事務所の2回目の会見に出席したテレビ局の記者である。

「確かに、藤島ジュリー景子氏や前副社長の白波瀬傑氏が欠席するなど、ジャニーズ側には問題がありました。けれど、それとNGリストは別の話。会見に有象無象のジャーナリストが300人も集まり、中にはルールを無視して質問を被せ続けたり、セカンドレイプとも取れる質問を繰り出す“前科”のある人もいた。会見を荒らさないようウラで対策するのも仕方のない話で、それがバレてしまったことがマヌケなだけです。もちろん、濡れ衣を着せられた人がいたのなら可哀想な話ですが……」

 別のベテラン記者も「記者会見という場を履き違えて考えている人が多い」と続ける。

「そんなに独自に聞きたいことがあるならば、東山紀之社長の家を夜討ち朝駆けして聞いてくればいい。今も騒いでいる人たちは、あの場を“取材”ではなく“吊し上げ”の場にしたかっただけだと思います」

次ページ:鈴木エイト氏の発信で広まった「サクラ疑惑」

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]