ジャニーズ問題で注目、新浪サントリー社長の凄絶パワハラを元部下が告発 「携帯を投げつけ部下が骨折」「月に3回は携帯を壊していた」

国内 社会

  • ブックマーク

Advertisement

 サントリーHD社長で経済同友会代表幹事、新浪剛史氏(64)の履歴書に書かれていないのは、「4回の結婚歴」だけではなかった。携帯電話を投げつけ、相手を骨折させるようなひどい「パワハラ加害」常習者だったのだ。そんな男が、どの口で「人権」を語るのか――。

 ***

 新浪氏には、「海の男の血」が流れている。

 新浪氏のことを好意的に取り上げた「AERA」(2023年10月2日号)の記事によれば、「新浪」の家系をたどると愛知県の三河湾にいた海賊に行き当たるらしい。また、新浪氏の父親は、荒くれものが集まる横浜の港湾荷役会社に職を得ていた。ある時その会社の作業員を巻き込んだ「出入り」、すなわちけんかがあったが、それを見た新浪少年は、

〈怖がるどころか、声を出して笑っていた〉

 そうしたことから、「海の男の血」こそがビジネスパーソンとしての「源流」だと新浪氏は考えているという。しかし、残念ながらこの記事には重要な点が抜け落ちている。新浪氏の荒ぶる「海の男の血」は、実は、人知れず多くの犠牲者を生み出していたのである。

“給料泥棒”と人格否定発言

 慶應大学経済学部出身の新浪氏が三菱商事を経てローソンの社長に就いたのは02年のこと。同社の立て直しに成功した後の14年には、請われてサントリーの社長に就任した。

「ローソン社長時代の新浪さんはとにかくパワハラがひどかった」

 と、ローソンの元社員。

「すぐ怒鳴る、襟元をつかんで罵倒する、といったことは日常茶飯事。“クビだ!”“給料泥棒!”などの人格否定の暴言、恫喝がひどく、耐え切れずに辞めた幹部が何人もいます」

 新浪氏といえば、ジャニーズ事務所の創業者、ジャニー喜多川氏の性加害問題を巡って厳しい発言を繰り返してきたことで注目を集めている。企業がジャニーズのタレントを広告に起用することについては、

「チャイルドアビューズ(子供への虐待)を企業として認めることになる」

 さらに、タレントが出演するテレビ番組のスポンサー契約を見直すことも「あり得る」と断言。スポーツ紙には「新浪ショック」の文字が躍った。

次ページ:「人権」について語る資格があるのか

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。