「ヨドバシ」とタッグを組んで「そごう・西武」を買収 “ハゲタカファンド”本当の狙い

ビジネス

  • ブックマーク

Advertisement

荒稼ぎ

「そごう・西武」の労働組合が雇用維持と事業継続を求めて決行した百貨店ストは、無駄骨に終わった。一夜明けた9月1日、「セブン&アイ・ホールディングス」が米投資ファンド「フォートレス・インベスト・グループ」に子会社であるそごう・西武を売却したためだ。

 ***

 M&Aアナリストによると、

「フォートレスは8500万円でそごう・西武の株式を譲渡されたわけですが、買収資金としてメガバンク3行から総額2300億円のつなぎ融資を受けていました。セブン&アイは、それを元手にそごう・西武の負債などを一掃した。一方で、フォートレスは家電量販大手“ヨドバシホールディングス”に、西武池袋本店やそごう千葉店、西武渋谷店の土地や建物の一部、加えて、そごう・西武の子会社の株式を3000億円で売却しました」

 その売却代金を、つなぎ融資の返済に充てる段取りだった。さすがはハゲタカ、一瞬にして、差し引き700億円もの荒稼ぎを企てたのだ。買収が完了すると、「最大限の雇用維持に向け、セブン&アイとともにそごう・西武の経営陣を支援してまいります」とコメント。併せて、ヨドバシと連携し、今後、西武池袋本店を中心に店舗改装費用として600億円を投じることも明らかにした。

「当面、そごう・西武の全国10店舗は維持される見通しです。しかし、それがいつまで続くかは保証がありません」

次ページ:百貨店離れ

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]