いまだジャニーズ性加害問題は解決しない中…「24時間テレビ」のポスターが物議を醸しているワケ

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

Advertisement

なにわ男子を守るため

「あくまでも、なにわ男子を守りたいという一心からだそうです。ジャニー氏の性加害問題が報じられて以降、ジャニーズ事務所を退所したいと申し出る所属タレントが多数出ています。それは『あなたも性加害を受けていたのか』と世の中から注目されてしまったためです。ジャニーズはこうした状況を鑑み、将来の活躍が期待されるなにわ男子の“現在の写真”を、『24時間テレビ』のポスターに使用しないという決断に至ったそうです」

 放送日にチャンネルを合わせれば、彼らは番組の顔として出演しているというのに?

「ですから、これも裏目に出たわけです。なにわ男子のファンは、幼少期の写真を見て『○○くん可愛い』と言ってくれますが、そうでなければ、あのジャニーズアイドルの幼少期としか思えないでしょう。海外メディアの注目をさらに集めてしまう結果にもなっているようです」

 7月24日、日テレの石澤顕社長は定例会見で、性加害問題の中、「24時間テレビ」になにわ男子を起用したことについてこう答えている。

《基本的なスタンスとして、性暴力は絶対にあってはならない、という立ち位置を保ちながら、報道・放送など、全ての対応を適切に行っていく。(中略)この事案は検討が続いている案件のため、節目節目で内容を確認しながら、適切な対応を模索し、最終的に番組として世に出す時は、視聴者の期待を裏切らない番組作りを最大限努力し、提供したい》

「ジャニーズの性加害問題は、国連人権理事会が会見をしたことで、さらに事態は重く長引くと思います。そんな中、今年の『24時間テレビ』は“明日のために、今日つながろう。”をテーマに、子供、環境、SDGsなど、未来に向けて考えるべき社会問題を扱います。こちらもまた、今ひとつのような気がして……」