篠崎愛(31)今だから語れる“AKBはウザい”発言の真相 「グラドルとして邪魔だったとかではなく…」

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

Advertisement

 篠崎愛(31)が復帰後2作目となる写真集「篠崎愛 写真集 YOUNG CHAMPION 15years Memory」を発売した。2021年のグラビア活動復帰から2023年現在までのヤングチャンピオンでの撮り下ろし未発表作品を収録した写真集だ。内気だった少女がグラビアスターへと成長するまでの軌跡、さらに話題となったAKB発言の真相を聞いた。
【徳重龍徳/グラビア評論家】

 インタビュー中、篠崎は朗らかに笑顔で話していた。最初に取材したのは14歳の頃、当時は人見知りの激しい少女だった。随分しゃべれるようになったと伝えると「あの頃はしゃべれなかったです。病的でした」と苦笑いを浮かべた。

「本当にかなりの人見知りで、自分の声を聞かれて『篠崎愛ってこんな声なんだ』とか思われるのも嫌でした(笑)。取材では大人がいっぱいいて、緊張するのもあったんですけど、自分がどんなことを考えているか知られるのも恥ずかしい。全てが恥ずかしかったんです」

 篠崎の人見知りな一面は取材だけではなく、グラビアの撮影現場でも顔をのぞかせた。

「撮影現場でも全然しゃべれなかったですね。何か話しかけられても、なんか無視してました(笑)。DVDの撮影だとオフショットやインタビューがあるんですが『好きな食べ物は?』とか聞かれても無言で。言いたい気持ちはあるんです。心の中では言ってるんですけど、それが声に出なくて」

 学校でも目立つタイプではなく、むしろ目立たない、目立ちたくないタイプだった。

「学校でもしゃべれないんですよ。仲良くなるまでかなり時間がかかっちゃうタイプで。恥ずかしいから、髪の毛で顔を隠して、廊下の端っこを歩くみたいな子だった。さすがにこのままじゃマズいと思って、近くに座ってる同じようなおとなしいタイプの子に話しかけて仲良くなっていきました」

デビュー直後に写真集とDVDが決定、いきなり海外ロケへ

 漫画やアニメに出てきそうな超人見知りキャラ。なぜそんな篠崎が芸能界、しかもグラビアの世界に飛び込んだのだろうか。

「もともとモーニング娘。さんが好きで『モー娘になりたい』と思っていたんです。小学生の時はクラスの女子全員がモーニング娘。さんを好きで、みんなでオーディションを受けて、みんなで落ちました(笑)。芸能の仕事をやりたいというのはなかったんですけど、原宿でスカウトされて。親に言ったら『やってみれば、思い出になるんじゃない』と言われてその事務所に入りました」

 事務所の会議室で水着になったら、周囲の大人から「グラビアできるよ」と言われた。とはいえ「普通に生きていたら女の子ってあんまりグラビアを見る機会ってないじゃないですか。コンビニに行っても素通りしちゃうし」と知識はなく、グラビアといわれてもピンと来なかった。

 しかし、その逸材ぶりを周りは見逃さず、デビューしてすぐに仕事が決まってしまう。

「入って2日ぐらいで出版社とかに顔合わせにいったら写真集とDVDがすぐ決まったんですよ。もう訳もわからずって感じでした。ちょうど探してた感じの巨乳で童顔というタイプに私が当てはまったんだと思います」

 現在のグラドルは撮影会などを経て、DVDの撮影ということが多いが、篠崎はいきなり海外ロケ。そう聞けば羨む人もいそうだが、人見知りの少女にとっては地獄だ。

「行きの飛行機から不安でした。どうしたらいいの、カメラを向けられても笑えないんだけど、みたいな状態で(苦笑)。撮影はセブ島でいきなり1週間弱みたいな感じで、本当にホームシックになっちゃって。めちゃくちゃしんどかったです」

 デビューするとグラビア業界で話題となり、瞬く間にスターに。その人気は今も続く。

 篠崎が売れた後、各事務所、雑誌社はポスト篠崎を探し、実際にキャッチフレーズをつけられた人間もいたが、結局はうまくいかなかった。童顔、巨乳、ぽっちゃり。グラビアの人気要素が奇跡のバランスで成り立つ人間は篠崎以外いなかった。

次ページ:遊びたくて泣いた高校時代

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]