ステージBと診断された61歳「前立腺がん患者」の告白 屈辱的な激痛の針生検、医師の言葉に有頂天になったことを後悔

国内 社会

  • ブックマーク

Advertisement

 公益財団法人「日本対がん協会」の公式サイトには2019年の「部位別がん罹患数」のデータが掲載されている。それによると前立腺がんは9万4748人(16・7%)だという。(全2回目の1回目)

 ***

 16・7%という数字は最高位だ。改めて当該部分を引用させていただこう。

《男性の部位別の罹患数をみると、男性は前立腺がんが9万4748人(16・7%)と最も多く、次いで大腸がん8万7872人(15・5%)、胃がん8万5325人(15・1%)、肺がん8万4325人(14・9%)、肝がん2万5339人(4・5%)の順となりました》

 実のところ、前立腺がんは死亡数はそれほどでもない。とはいえ、男性にとって前立腺がんは“他人事”ではないことが分かる。罹患するとどうなるか、治療法はどんなものなのか──先日、手術を経験した男性(61)がデイリー新潮の取材に赤裸々に語ってくれた。

 2021年4月4日、白血病から復帰した競泳女子の池江璃花子選手が日本選手権に出場、100メートルバタフライで1位に輝くと、感極まって大粒の涙をこぼした。

 この頃、男性の自宅に郵送物が届いた。勤務先が実施した健康診断の結果が送られてきたのだ。

 何気なく目を通すと、血液検査のPSA(前立腺特異抗原)の数値が高いという。PSAを調べると、前立腺がんの可能性が分かる。男性は数値が5・08のため精密検査を受診すべきだと書かれてあった。

「PSAは4・0以上で『高い』と判断されるそうです。検査結果には『泌尿器科医師以外開封禁』の封筒も同封されていました。それを見た時は少し動揺しましたね。さっそく勤務先の近くにある泌尿器科で診察を受けました。すると、『エコー検査では前立腺の大きさに異常はない。ただPSAの数値が上昇傾向を示しているので、まずはMRI検査を行ってください』と医師から指示を受けました」

次ページ:尊厳を奪われた針生検

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[1/5ページ]