「夢のがん治療薬」がネイチャー姉妹誌に掲載 ほぼすべてのがんの治療につながる物質を特定

ドクター新潮 医療 がん

  • ブックマーク

 国立がん研究センターらが先ごろ発表したがんの10年相対生存率は58.9%。前回調査より0.6ポイント上昇しているが、生存率99.2%の前立腺がんがある一方で、すい臓がんなど難治療がんの生存率は依然として低い。がんは臓器によって、転移しやすかったり、早期発見が困難だったり、性質が異なるのだ。ところが、11月29日、英科学誌「ネイチャー」の姉妹誌「ネイチャー・キャンサー」に、ほぼすべてのがんの治療につながる物質が見つかったという論文が掲載された。物質を特定したのはプリンストン大学のイービン・カン教授らの研究チームだ。...

記事全文を読む

Advertisement