「山田邦子」が再ブレイク これから出演したら間違いなく話題になる番組が1つある

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

Advertisement

“天下を取った唯一の女性ピン芸人”、山田邦子(62)に再ブレイクの兆しが見えるという。昨年12月の「M-1グランプリ2022」に審査員として登場し、久しぶりに脚光を浴びた。あれからわずか2カ月、彼女は次々とバラエティ番組などに出演している。

 ***

 彼女が最近出演した番組は以下の通りだ。

●2月10日「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS)
●2月13日「ナイツ ザ・ラジオショー」(ニッポン放送)
●2月14日「ありえへん∞世界」(テレビ東京)
●2月18日「久保みねヒャダこじらせナイト」(フジテレビ)
●2月19日「のど自慢」(NHK総合)※川中美幸とデュエット
●2月23日「林修のニッポンドリル」(フジ)※VTR出演

 かつての売れっ子ぶりが再来したかのようだ、と感じるのは40代以上の視聴者だろうか。民放ディレクターは言う。

「全盛期は週に14本ものレギュラー番組を抱えていましたから、まだまだこんなものではありません。とはいえ、いよいよ山田邦子の再ブレイクが本格化してきたと、業界では話題になっています。NHKの『のど自慢』に川中美幸と共に出演したのも、デュエット曲が2月8日に発売されたばかりのタイミングでした」

 中でも注目されたのは10日放送の「金スマ」だった。

無難な点じゃつまんない

「『金スマ』がゲストに呼ぶのは、今が旬とか、これから話題になるといったタレントなので、業界でも注目されます。しかも今回、邦子さんは、単独でのゲストでした」

 その内容も、「M-1グランプリ」をきっかけに大注目された“山田邦子とは一体何者!?”というテーマで、若い視聴者は知らない彼女の足跡を振り返る企画だった。

「上沼恵美子さんの代わりに『M-1』審査員に決まった当初は、『山田邦子に務まるわけがない』『レベルダウン』『誰?』という声が少なくありませんでした。実際の審査も、最低84点、最高95点という振り幅の大きい“ブレブレ採点”だったため、一部には批判の声もありました。ところが、他の審査員に合わせない独自の採点基準に“新鮮さ”を感じる視聴者が多かったようで、審査員デビューとしては成功だったと言われています」

「金スマ」でも「M-1」の“ブレブレ審査”(もちろん番組内の言葉ではない)について訊かれ、山田はこう答えた。

山田:(他の)審査員もピリピリしてて無難な点数つけるから、つまんないんだよね! (自分が)居たか居ないんだかわかんないんじゃ、つまらないしね!

 考えあっての採点だったようだ。

次ページ:触れられなかった足跡

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]