パワハラで辞める“若い漁師”が多発…就業支援団体が「見て見ぬふりはできない」と講じた対策とは

国内 社会

  • ブックマーク

「お前なんかいてもいなくても同じだ!」「おれの酒が飲めねぇのか!」――。職場の上司から面と向かってこんなことを言われたら、誰だって腹が立つ。「こんな上司がいる会社なら辞めてやる」どころか、「パワハラで訴えてやる!」というのが今の常識ではないだろうか。ところが陸ではなく、海の上ではいまだにまかり通っている節がある。【川本大吾/時事通信社水産部長】...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。