長井秀和氏はなぜか不参加…信濃町で行われた“反創価学会デモ”に結集した600人の正体

国内 社会

  • ブックマーク

 デイリー新潮は1月2日、ジャーナリストの藤倉善郎氏による「反ワクチン、統一教会=CIA説を叫ぶデモに長井秀和氏も加わるのか? 彼らの新たな標的は創価学会」というリポートを配信した。その中で紹介された“反創価学会デモ”が、1月15日に行われた。

 ***

住宅街で大音量の「音楽フェス」

「国民騙すな、創価学会!」
「税金払えよ、宗教法人!」
「おじいちゃんの代からCIA!」
「今すぐ解散、創価学会!」
「今すぐ解散、公明党!」

 1月15日、東京・信濃町にある公明党本部前の路上に約600人(主催者発表)が集結し、1時間半にわたって抗議活動が行われた。

 公明党本部があるのはJR信濃町駅のすぐ近く、住宅街のど真ん中だが、デモ隊は屋外音楽フェスなどで目にする大型のスピーカーを組み、大音量で音楽を流し、歌い、踊った。

 デモを主催するのは、先にデイリー新潮の記事で紹介したNHK党幹事長の黒川敦彦氏が代表を務める「新しい国民の運動」である。黒川氏の呼びかけに応じ、各種陰謀論の曲者が集った。

長井秀和氏は不参加

 当初このデモには、お笑いタレントで創価学会2世の長井秀和氏が参加を表明していた。

 長井氏は昨年12月、西東京市議選に立候補し、トップ当選を果たしている。応援演説には黒川氏をはじめ、この日のデモにも参加した幸福の科学・大川隆法氏の長男・宏洋氏が駆けつけた。

 長井氏はデモの3日前にTwitterで不参加を表明。その理由は、創価学会から訴えられている裁判への影響やスケジュールの問題だった。

 だが、長井氏は遅くとも昨年12月30日までに、黒川氏に不参加を伝えていた。黒川氏はそれを支持者らには知らせず、長井氏の顔写真入りの告知バナーをネットで拡散し続けた。そのためデモの参加者の間では、長井氏のほうが「不義理」であるとされたようだ。宏洋氏はマイクを手にこう語った。

「僕は黒川さんへの義理は果たします。僕も(今日のデモに)行かないほうがいいなどと言われて圧力がかかりました。でも黒川幹事長には、長井さんの(市議選応援演説の)ときにご支援いただいたので、ご恩を返します」

 長井氏への露骨なあてこすりで、黒川氏への忠誠をアピールするかのようだ。

次ページ:陰謀論てんこ盛り

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]