「大阪・警官発砲事件」 元暴力団組長は「警官は間違っていない」

国内 社会

  • ブックマーク

時速100キロほどの猛スピードで

 大阪・八尾の路上で警官2人が盗難車を運転していた男に発砲して死亡した事件で、男が元暴力団員だったことが分かった。男の犯罪自体は同情の余地はないとはいえ、死亡に至ったことについては批判も出ている。元山口組系義竜会会長の竹垣悟氏(現在は、暴力団組員の更生を支援するNPO法人「五仁會」を主宰)はどう見るか。解説してもらった。...

記事全文を読む