野田聖子議員の「元暴力団夫」が女性とホテルで“90分の休憩” 不倫の証拠写真を公開

国内 政治

  • ブックマーク

一貫して「夫を信じている」

週刊新潮と週刊文春の報道に端を発した、野田聖子情報通信戦略調査会長の夫・文信氏(55)の「元暴力団員疑惑」。昨年8月、最高裁は文信氏が元暴力団員であった事実を認定したが、判決確定後も聖子氏はあくまで「夫を信じている」と発言。週刊新潮は、そこまで信用してくれている妻を裏切り、文信氏が女性と「ホテル不倫」に及ぶ様子を捉えた。

 ***

 2018年夏、週刊新潮と週刊文春は当時総務相だった野田聖子氏の夫・文信氏がかつて暴力団の構成員だった事実を報じた。野田氏はその後両誌を提訴したが、昨年8月、最高裁は文信氏が元暴力団員であった事実を認定。

 今月12日、文信氏は、警察庁幹部に自身を元暴力団員とする虚偽情報を漏えいされ、週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、国に対し1100万円の損害賠償などを求めて東京地裁に提訴した。

 聖子氏は一貫して「夫を信じている」と発言しており、12日に東京地裁内の司法記者クラブで行われた会見の席でも、こう語っていた。

「今日は妻という立場で家族として、(中略)原告の夫を支えてきた一人として陪席させていただいています」「夫がそう(元暴力団員)でないと最初から今まで信じて取り組んでいます。息子のため、息子の名誉のために同席させていただいた」

 ところが、その翌日の13日夜、文信氏はそんな聖子氏への“裏切り行為”に及んでいたのだ。

腕を組み、いちゃつきながら向かった先は…

 本誌(「週刊新潮」)が文信氏を目撃したのは、東京・靖国神社にほど近いレストラン。氏の向かいには30代と思しき女性の姿があった。レストランはディナーコースで1万5千円はする「高級店」だ。途中、外に出た文信氏が加熱式タバコを路上で吸う“迷惑行為”も見られた。

 二人は21時ごろに店を出てタクシーを拾うと、文信氏の自宅とは違う方向の六本木ヒルズ付近へ。タクシーを降りると、腕を組み、カップルよろしくいちゃつきながら、5分ほど歩いた後、なんとホテルへ消えて行ったのだ。

 そして、約90分後――。

 ホテルから出てきた二人は再び通りに出て、タクシーを拾い、文信氏だけが乗り込んだ。名残惜しそうに見送る女性。そして、深夜23時20分頃、文信氏は都内にある妻と息子が待つマンションへと帰宅し、女性は都心から車で30分ほどの郊外にある自宅へと戻っていった。

次ページ:ラウンジに勤務するホステス

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]