「通行人の前でビンタ」「坊主を強制され…」 落語界のパワハラを弟子が告発で業界は変わるのか

エンタメ

  • ブックマーク

 いまやセクハラ、パワハラ関連のニュースなど珍しくもないが、それは話芸の世界も同じこと。最近まで二つ目として活動していた落語家の元・三遊亭天歌(40)=本名・井上雄策=が、かつての師匠・三遊亭圓歌(63)を長年にわたるパワハラで告発したのである。...

記事全文を読む

Advertisement