高市未来 結婚後初の大会で優勝 メダル無しで「もうやめたい」からパリ五輪へ前進

スポーツ

  • ブックマーク

 女子柔道の強豪、高市(旧姓・田代)未来(28)=コマツ=は、女子63キロ級でリオ五輪(2016年)と東京五輪に出場したが、ともにメダルには届かなかった。東京五輪で日本勢は個人戦で全14階級のうち9つもの金メダルを獲得。とりわけ女子に関して言えば、全7階級のうちメダルが取れなかったのは彼女が代表で出場しながら2回戦で敗れた63キロ級だけだった。「もうやめたい」と悩み続けたという高市は、左足の膝の怪我を乗り越え、五輪以来1年5か月ぶりの国際試合出場となったグランドスラム東京(12月3・4日、東京体育館)に登場。...

記事全文を読む