新宿・歌舞伎町で20代の「立ちんぼ女子」が“増殖中” 中年男性との「交渉バトル」を実況中継

国内 社会

  • ブックマーク

 歌舞伎町に日本人の若い「立ちんぼ女子」が急増して、大変なことになっている――。こんな話が聞こえてきたので、金曜日の夜に行ってみた。寒空の下、立って客を待ち続ける約20人の女性たち。さらに、その倍くらいの男性が目をギラつかせて彼女たちの周りを徘徊しているのだ。コロナ禍で起きた“異常現象”を現場からレポートする。(ジャーナリスト・墨田龍一)

 ***

フォロワー7000人超の「アイドル立ちんぼ」

 立ちんぼは、裏風俗として古くから存在した。花街の裏道に立ち、客と直接交渉して1時間1~2万円で体を売る。その多くが外国人だった。「オニイサン、アソバナイ?」。カタコトの日本語で声をかけられた経験のある男性は多いであろう。

 若い日本人女性は風俗店で働くものだった。男性スタッフが身近にいる店の方が安心して働けるからだ。だが、そんな常識を覆す現象が日本最大の歓楽街・新宿歌舞伎町で起きている。

「立ちんぼというネーミングのイメージの悪さを嫌ってか、この逢い引きは界隈で『交縁』と呼ばれています。歌舞伎町の大久保公園周辺が『交縁女子』がよく出没するスポット。公園だから交縁と呼ばれています」

 こう話すのは、事情通の男性だ。

「今年初めくらいから徐々に増えてきました。これまでの立ちんぼと違うのは、営業にSNSを利用しているところです。Twitterのフォロワーが7000人以上もいるアイドル的存在の立ちんぼもいる。DMだけで予約がいっぱいになってしまい、立つ必要がなくなってしまった女性もいるほどです」

次ページ:「立ちんぼ追っかけ男子」まで出現

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]